コスパが濃厚な日記

MENU

コストを抑えることができるコスパが良いシャンプー

コスト

家計を預かる主婦の方は日々節約を心がけているもので、将来が見えにくい昨今においては一円でも安い商品を求めたりコストパフォーマンスについても深く考えることもあります。

 

特に子育て世代の方の場合は日々出費が積み重なるもので、消耗品に関してはできるだけ費用を安く抑えたく価格で商品を選ぶことも多いのですが、シャンプーを購入する際にコスパで選んだ場合にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

まずシャンプーをコスパで選んだ場合のメリットについてですが、やはり出費を抑えられる点が一番大きく、特にご家族が多い場合に大きな節約を行うことができます。

 

コストについて計算してみると1回当たりの使用量は平均で4.5mlになる場合が多く、500ml入りの製品の場合はおよそ111回使用することができます。

 

これを5人家族が1日2回入浴した場合で計算するとおよそ11日で消費することになり、1か月ではおよそ3本、年間ではおよそ36本ほどを消費することになります。

 

低価格帯の製品で積み替え用のパックを購入した場合と高価格帯の製品を購入した場合で比較すれば、1本あたり500〜1000円ほどの差が生じることも多く、年間で計算すれば数万円単位になることもありますので、こうした費用を節減できる点は大きなメリットとなります。

コスパで選ぶシャンプーのデメリットは?

コスパで選ぶ

一方でシャンプーをコスパで選んだ場合のデメリットについてですが、低価格帯の製品は原材料も安い物で間に合わせていますので、安価な石油由来の原材料や化学的に生成された合成添加物などが配合されている可能性があります。

 

もちろん商品開発を行う際には体に悪影響が出ないよう細かい調査が行われるのですが、人によっては化学物質に過敏であったりアトピーなどの肌疾患を抱えている場合もありますので、必ずしもすべての方に利用が勧められるものではなく、こうした点は大きなデメリットとなります。

 

シャンプーの価格の差は原材料や品質に大きく関係することになりますので、安全性を考えた時にはコスパ以外の事柄にも目を向ける必要があります。