ゆがみの日記

MENU

骨盤ゆがみと太る原因は?

ゆがみ

骨盤はゆがみやすい体のパーツです。

 

それは右足と左足を支えている人間の土台でもある骨盤ですが、骨盤は内臓の受け皿としての役割もある為骨盤のゆがみによっては内臓が下の方に位置してしまう内臓下垂などスタイルに大きく関係している骨盤ですが、内臓機能の働きにも大きく関係してしまうのが骨盤なんです。

 

骨盤ダイエットはエクササイズを行いますが、骨盤を動かすのは意外に難しいものなんです。それは脚の筋肉や背中の筋肉・お尻・お腹の筋肉が全てくっついているからであってゆがみやすく動きがなくなりがちです。

 

骨盤は色々な筋肉がたっぷり付いていますが、特にお尻の筋肉である大殿筋が骨盤を覆っているので骨盤の状態がお尻の状態を決めやすいです。ヒップのたるみが気になる人は骨盤ダイエットがおススメです。骨盤ダイエットでウエストも引き締まるし、太ももも引き締まるので一石二鳥ですね。

ゆがみを解消して基礎代謝アップ

ゆがみ

代謝を促進して太りにくい体を作っていくことはリバウンドしないでダイエットに成功させる為にも大切です。

 

食事制限のダイエットは基礎代謝があがりにくいですが、エクササイズを行うと基礎代謝も向上しやすいです。基礎代謝は寝た状態で呼吸だけをしている一番諸費カロリーが少ない状態ですが、何もしないでいる状態でどれだけ消費されるかというのは意外に重要です。

 

基礎代謝は40歳を境に大きく減少してしまいますが、生活習慣によっては年齢関係なく基礎代謝は低下しやすいんですね。それは筋肉量が関係しています。筋肉量が少ないと消費するエネルギーは少なくなります。

 

骨盤ダイエットで基礎代謝をあげていくのも良いですね。また外見上ムキムキになるのではなく、内側の筋肉を使うので外見上は美しく中の筋力をあげて基礎代謝もあがるのが女性には嬉しい限りです。