豆だからマメ知識日記

MENU

シャンプーをする際における注意点などは?

シャンプーをする際にシャンプーでは原液から泡立てて使用していきます。

 

シャンプーの原液を頭皮につけて洗いながら泡立てて使っていたりすることもあるかもしれません。

 

しかし同じように洗顔料も泡立てて使用していきます。洗顔料もまず顔につけてから泡立てるという場合もあるかもしれません。

 

原液上だから出来る事ですが、固形石鹸を使用する場合には、同じような事ができません。

 

原液と言えど結構水の部分が多い訳ですが、水が多いのにも関わらずしっかり泡立つという事を考えるとやはり洗浄成分の含まれる割合は非常に多いので、頭皮の負担を考えて泡立ててから頭皮に付けるようにしましょう。

 

シャンプーによるダメージが大きいと髪や頭皮にダメージを与えてしまうで、髪や頭皮を洗って清潔感や健康を保つという意味と逆になってしまいます。

 

原液を付けてから洗うというと髪や頭皮に必要以上に摩擦が生じてしまうという事が起きやすいです。髪が傷つくという事がキューティクルが傷ついてしまうので、髪自体の艶がなくなってしまいがちです。

 

シャンプーは髪を傷つけるのが目的ではないので、汚れがスムーズに落ちるように泡立ててから行いましょう。

 

また泡立てて使うほうがすすぐ際に洗い流しやすいです。原液状態の方が頭皮に浸透しやすく、また濃い状態なので、すすぐ際には入念に行うようにしましょう。